Asshole は使用しない方が無難・・・

ネイティブに対して使ってはいけない「Asshole」

 

「Asshole」の直訳は「おしりの穴」です。

スラングとして使用するときは「嫌なヤツ」・「この野郎」などの意味になります。

「傲慢なひと」などに対して使用される単語ですが、残念ながら(?)僕はカナダに5年住んで、ただの一度も聞いたことがありません。

また、使うことを強く禁じられていました。

ネイティブでない人は使用しないほうのよい単語です。

ちなみに、キアヌ・リーブス主演の「Constantine(コンスタンティン)」で主人公がときどき口にしています。

宗教観などに興味のある方も必見の映画です。

イギリスとアメリカでは単語が違う

アメリカ英語表記では「Asshole」ですが、イギリス英語では「Arsehole」になります。

豆知識です。