洋楽で勉強するのはOK?

洋楽好きだけど英語は聞き取れない・・・

「洋楽が好き。でも何を言っているのかは分からない・・・」

そんな方達って結構いるのではないでしょうか?

実際、洋楽で英語を勉強するのは非効率という先生達もいらっしゃいます。

でも本当にそうなのでしょうか?

僕が英語を聞き取れるようになったきっかけをくれたのは間違いなく洋楽です。

でも一体どんなところがダメなのでしょうか?

 

洋楽のダメなところ、それは・・・

  • スラングが多い
  • 歌の背景を知らないと、歌手の主張がよくわからない
  • いろいろに意味が解釈できるので、正解が分からない
  • 実際に外国人が会話するスピードよりも遅い

などでしょうか。

まずは1つ目の「スラングが多い」に注目します。

確かに汚い言葉も多く、実際の英語資格試験に出ることはまずありません。

そして、2つ目以降は結構致命的かもしれませんね。

僕は日本人のバンドで「スピッツ」がもっとも好きなのですが、かつてその英語翻訳をカナダの友人に頼まれたことがあります。

でも「スピッツ」の歌詞って詩的なものが多く、翻訳がしづらいんです。

これと同じような現象が、洋楽でも起りがちです。

 

それでも、僕は洋楽での勉強をおすすめしたい!

では、今度はプラスに考えていきましょう。

僕は他のコラムでも何度も繰り返し言っているのですが、英語を聞き取る上でもっとも大切なことは頭に英語のチャンネルを作ることです。

「好きこそもののじょうずなれ」

好きだから飽きずに続けられる、これが一番大切です。

たとえば「スラングが多い」ことについては、実際の生活で使用されている「生の単語」を知るチャンス!ととらえると、外国人と直接話す際にとても役立ちます。

また、自分の好きな歌手のゴシップに関しては、知りたいと思うのが人情。

それに、翻訳に関しても逆に「正解がない!」と割り切ってしまえばいいんです。

むしろ分からない単語・フレーズがあったときはその意味をざっくりと調べ、英語の歌詞のまま理解するようにしましょう。

どうしても意味が気になるなら、洋楽の翻訳サイトもあります。

参考にしてみましょう。

でもあくまで参考です。多くのサイトが多かれ少なかれ間違って翻訳しているので注意が必要です。

(たとえばAriana Grande(アリアナ・グランデ)の「Break Free」と言う曲のフレーズに I only wanna die alive というフレーズがありますが、結構多くのサイトが「生きながら死にたい」と訳しています。本当の意味は「人生をまっとうしたい」です。)

 

洋楽で英語を学ぶコツ!

洋楽で英語を勉強することをおすすめしましたが、もちろん漫然と聞き流しているだけでは聞こえるようにはなりません。

よって、そのコツは・・・

  • YouTubeで好きなアーティストを見つけよう!
  • 男性・女性ボーカルを最低1人づつ見つけよう!
  • 1回目はYouTubeのプロモーション映像を見ながら音楽を楽しもう!
  • 2回目は歌詞を見ながら音楽を楽しもう!
  • ここで、わからない単語・フレーズがあったらざっくりと調べよう!
  • 3回目以降は口ずさみながら楽しもう!
  • 出来ればノリノリで体を動かしながら音楽を楽しもう!
  • そして時間があるときは、バックグラウンドミュージックとして聞き流そう!
  • もし本当に好きな曲なら、頑張ってきちんと翻訳をしてみよう!

の手順で音楽を楽しんでください。

皆さんの口ずさみがアーティストの早さに追いついたとき、きっと前よりもずっとはっきりと歌の歌詞が聞き取れるようになっているはずです。

これを30曲以上・3ヶ月続けてみましょう。

一週間で2から3曲程度です。

僕の好きなアーティストのCarly Rae Jepsen(カーリー・レイ・ジェプセン)なら、歌詞がとっても簡単なので初心者向けです。

代表曲の Good Time Call Me Maybe ならノリノリで最高です!

何度でも聞けるっ!

映像も「アメリカ!」ってな感じなので、雰囲気までも楽しめます。

そして、その見たものがあなたのアメリカでの疑似体験となり、英単語を覚えるのに役立ちます。

無料で役立つサイトの紹介

洋楽を無料で楽しみたいなら絶対 Vevo !最新の曲から古い曲まで多くが集まっています。
Vevo(YouTube):https://www.youtube.com/user/VEVO

歌詞をしりたい!歌詞の意味を知りたい!!
Genius:https://genius.com/
こちらのサイトは有志のネイティブの人達がそれぞれの解釈を紹介しています。アーティストの公式な見解ではないですが参考になります。

スラングの意味を知りたい!
Urban Dictionary:http://www.urbandictionary.com/

上記のサイトはすべて英語のサイトです。

最初は大変に感じるかもしれませんが、だからこそ「好き!」を大切にしてください。