英検突破に必要な単語数は?

英検突破に必要な単語数とは・・・

ますます受験・就職・昇進に必要な英語力。

そして、その指標の1つとなるのが英検です。

では、各級合格に必要な単語数とは一体どれくらいなのでしょうか?

下の表を見てください。

必要単語数 余裕で受かるための単語数 レベル 前の級との差
5級 300-400 600 中学初級
4級 600-700 1300 中学中級 700
3級 1250-1350 2100 中学卒業 700
準2級 2600-2800 3600 高校中級 1500
2級 3800-4000 5000 高校卒業 1400
準1級 6800-7000 8000 大学中級 3000
1級 12500-13500 15000 大学卒業 7000

 

レベルは英検の公式ホームページに書かれていることを参考にしています。

英検のレベルは卒業される高校や大学にもよるので一概には言えませんが、英検の1級は大学卒業程度とするにはかなり難易度の高い試験になっています。

 

大学受験において必要な英検の級とは

英検を受験することによって得られるメリットの1つに、大学受験において英語試験の免除や加点などの特典があることです。

英検参加校の確認は英検のホームページから確認することが出来ます。(日本英語検定協会

大学の程度によりますが、英検3級からが対象になります。

ただし難関大学においては要求される級が高くなるのはもちろんのこと、合格した時の得点も重要な要素になります。

英検には「英検バンド」と呼ばれる指標が付されていて、受験生が「どれくらい余裕をもって合格したのか」を表す基準となっています。

つまり1級を受かったからよかったではなく、「各級をどれくらい余裕を持って合格したのか」を受験先の大学に提出する必要があるのです。

「ぎりぎりで準1級を受かった!」は評価されない可能性があるので、各大学の募集要項をきちんと確認しておきましょう。

 

社会的に評価されるレベルとは

社会的に評価されるレベルとしては、準1級あたりが目安になると思います。

2級を合格する程度でも海外において日常生活を送るに当たって必要な単語数は備わっていると思うので、コミュニケーションを取ることは十分に可能だと思います。

しかし英検2級は履歴書に書いても評価されない可能性が高いので、注意が必要です。

自分が学生だったころは、面接官に「この程度」の烙印を押される可能性があるので書かない方が無難と言われました。

面接される会社の研究をして、それぞれに対応する必要があると思います。

 

英語は楽しく勉強がモットーだけど・・・

英語は続けなければレベルが上がることはありません。

なので他のコラムでも書いていますが、楽しく英語を続ける方法を見つけることが英語力アップのための近道である!ことは変わりがありません。

一方で、英検1級を楽しんで勉強するだけではなかなか到達しないレベルであることも覚えて覚えていたほうがいいと思います。

僕の肌感覚では、準1級があれば英字新聞を苦労なく読める程度になっているはずです。

また、日常会話でもほぼ問題は無いと思います。

1級は少し特別な級だと思って、少しずつ毎日単語力を積み重ねるしかありません。

2級を取られた方は、好きな分野の英語記事を毎日数本読むようにしましょう。

今はインターネットで海外配信の記事をいつでも読むことができます。

好きな歌手やゲーム、政治経済、スポーツ、なんでもいいので楽しんで勉強しましょう。

準1級はそれで対応できます。

大学受験や就職を有利に進めるためにも、英検を上手に利用しましょう!