TOEICのスコア別目安単語数ってどれくらい?

人気資格のTOEIC。必要単語数とは?

TOEICのスコア別目安単語数と英検の目安単語数の比較表です。

TOEIC スコア 目安単語数 英検 目安単語数
5級 600
4級 1,300
3級 2,100
400 3,000
準2級 3,600
500 4,000
600 5,000 2級 5,000
700 7,000
800 8,000 準1級 8,000
900 10,000以上
1級 15,000

 

実際に800点以上を取るために800語以上を覚えるのは困難なように思いますが、実際には「I」・「am」・「a」・「pen」のように基本的な単語も含まれています。

また英検とはことなり理科系の単語はほとんど出てこず、ビジネスや日常会話で使用されるような単語が多く見られるなど偏りが見られます。

TOEICは分野を絞って勉強することが出来るで、勉強しやすい試験と言えます。

900点以上取るのに必要なのは4,000語?

「4,000語で900点以上を取ることができる!」という記事をちらほら見ます。

これはTOEICの運営会社であるETSが発行したレポートの中に「TOEICは4,000語ほどの単語で95%をカバーしている」といった記述があるからなんだそうです。

さすがに4,000語で900点以上を取るのは難しいと思いますが、僕の肌感覚ではおよそ6,000から8,000語程度あれば900点以上は可能だと思います。

これは英検2級を取るのに必要な単語数5,000語に1,000語ちょっと足した程度です。

英検1級・準1級は幅広い分野から出題されることを考えるとTOEICは的を絞りやすいので、はるかに勉強しやすいと思います。

ただ万全を期したいのなら、

取りたい点数 × 10 程度の単語数

を目標にするといいと思います。

上記の目安表もこれに近い数字になっているはずです。

2017年時点で、文部科学省の教育目標によると

  • 中学卒業時点で1,500から1,600語程度と200から300の慣用句または常用構文
  • 高校卒業時点で3,000語程度と400から500の慣用句または常用構文

(参考:文部科学省

としています。

それでもTOEICで900点以上を取るためには高校卒業目安の2倍程度の単語力が求められますが、決して非現実的な目標ではないのです。

自分の単語力をチェックしよう!

下記のサイトで単語力をチェックすることが出来ます。

WordEngine → 検定結果を見るために登録を求められます。

Test Your Vocab → 登録は求められませんが、全部英語で書かれています。

アメリカ人の知ってる単語数はどれくらい?

Test Your Vocab の記事によると

  • 8歳で8,530語
  • 15歳で19,845語
  • 20歳で23,874語
  • 30歳で27,808語
  • 39歳で30,000語以上(ここからはあまり伸びない)

(参考:Test Your Vocab

と推移するとしています。

ちょっと休憩

どうやってそんなに沢山の単語を覚えよう?

TOEICではよく出てくる単語というものがあります。

単語力をつけたいだけならば、公式問題集を解くのが近道だと思います。

公式問題集はTOEICの公式ホームページで確認することが出来ます。

 

ここから以下は、英語がどうしても苦手という方へ

それにしても、世の中にはいろいろな勉強法や教材があります。

いろいろ試したけど思ったような点数を取れない方達も多いと思います。

お金だけ使ってあまり変化せず・・・、僕もそうでした。

実際に「これが一番!」というのがあるとしたら、それは留学するか外国人の彼氏・彼女を作るしかありません。

でも、現実問題としてそういうのは難しいですよね。

また、たとえば僕にとって単語帳で単語を覚えるのは苦痛以外の何物でも無く、テストが終われば消えていくというまったく時間の無駄な勉強法でした。

でも一方で、単語帳が一番という方達も多くいらっしゃいます。

そこで僕は簡単なことに気づきました・・・

あぁ、人それぞれなんだなって。

そして、

「自分の好きな分野の英語だけ勉強しよう!」

僕は他のコラムでも書いていますがプロレスが大好きなんです。

アメリカにはWWEという世界最大のプロレス団体があります。

よって、僕はWWEを視聴することにしました(毎月10ドル)。

ネットの配信の記事も読みます。

その他に野球も好きです。

よってMLB(メジャーリーグベースボール)を見ることにしました。

ネット配信の記事もプロレス同様にチェックします。

こういった好きなものなら一日中見ていられますし、記事を楽しんで読み進めることが出来ます。

また和訳に困った場合も、基礎的な知識があるので誤訳しないで読むことが可能になりました。

最悪、グーグル翻訳に和訳をお願いすることだって出来ます。

皆さんにも好きなことがあるはずです。

ファッション、音楽、ゲーム、恋愛、スポーツ、ちょっとエッチなこと・・・など。

だいたいの分野はYouTubeで動画配信され、ネット配信の記事を見ることが出来ます。

そうやって自分の中に単語数を増やし、英語への抵抗感を無くしていきましょう。

そして、この方法の素晴らしいところはなんと言ってもお金のかからないことです。

インターネット最高!

なんでも、無料で記事が読めます。

自分の好きな分野を英語で楽しんで、基礎力をつけていきましょう!

「大切なことは楽しむこと」ですっ!