カナダで「Double-Double」は甘いコーヒー

カナダに行ったら立ち寄ろう「Tim Hortons」!

日本でドーナッツショップと言えば「ミスド」。

アメリカでは「ダンキンドーナッツ」。

カナダでドーナッツショップと言えば「Tim Hortons(ティム・ホートンズ)」です。

2017年時点では、マクドナルドを抜きカナダ国内3000点店舗以上を誇る国民的なお店です。

田舎町に行けば行くほど見かける機会が増えると思います。

実際、田舎の町の始まりと終わりを、そして中心を知りたければ Tim Hortons を目印にするといいなんて言われたりもします。

参考:Tim Hortons のホームページより

そんなTim Hortonsでオーダーの際お客さんがよく言うのが「Double-Double」です。

 

「Double-Double」は砂糖とミルクのこと

「Tim Hortons」に行くと、お客さんが「ダボダボ」と行っていることに気づくと思いますので、ぜひ耳を傾けてください。

「Double-Double(ダブル-ダブル)」をネイティブ風に言うと「ダボゥダボゥ」になります。

「Double」は「2倍」・「二重」の意味です。

つまり「コーヒーに砂糖とミルクを2つずつ入れてください」の意味になります。

ティム・ホートンズでは通常「コーヒーをください」なんていわなくても「Double-Double」と言えば砂糖・ミルク入りのMサイズのコーヒーが出てきます。

 

結構甘いよコーヒーとドーナッツ

もちろんで、コーヒーにミルク2つと砂糖2つが入ると結構甘いです。

これに加えて、カナダ人はアイシングシュガーののったドーナッツが大好き!

ドーナッツもコーヒーもおいしいですが、「Double-Double」と一緒に楽しむのは日本人には少しきついかも。

でも、これはカナダの風物詩のようなモノなので、ぜひ1度試してください。

主要な空港にはもちろん出店しているので、探してみましょう!

きっと、たくさんの行列が出来ているので見逃すことはないはずです。

 

アメリカで「Double-Double」はハンバーガー!

実は先日アメリカのリアリティーショーを見ていたら、出演者の人がファーストフードショップで「Double-Double」と注文しているシーンがありました。

「へぇ、アメリカでもDouble-Doubleが通じるんだ」と思っていたら、彼等が手にしたのはなんと「ハンバーガー」!

気になって調べてみると、アメリカには「IN-N-OUT BURGER」というお店があって、ここでの人気メニューが「Double-Double」なのだとか。

参考:IN-N-OUT BURGER のホームページより

アメリカ国内にも「Tim Hortons(ティム・ホートンズ)」はありますが、「Double-Double」で通じるかどうかは不明です。

アメリカで Tim Hortons を見かけた方は、ぜひ試してみてください。