「スイーツ」と「デザート」の違いってなに?

そもそも「スイーツ」ってアメリカで通じるの?

日本でも大人気のあ・ま・い・スイーツ。

寒い季節になると、口が恋しくなりますね。

ところで、そんな「sweets(スイーツ)」はそもそも英語圏で通じるのでしょうか?

これ、実はアメリカやカナダのような北米ではあまり使われない単語なんです。

 

イギリスでは「sweets」。アメリカでは「candy(キャンディー)」

詳しくは、以前に書いたこちらの記事を参照にしてください。→「スイーツ」は和製英語?

アメリカで「sweets(以下スイーツ)」と言う機会はほとんどありません。

主に「candy(キャンディー)」や「treats(トリーツ)」などと言われます。

「スイーツ」はイギリス英語で、ガムやあめ玉のようなモノを意味します。

 

では、本題

「スイーツ」と「デザート(dessert)」の違いってなんなんでしょうか?

まとめると、

  • 「スイーツ」は甘い物全般
  • 「デザート」は食後に食べる甘い物

と使い分けが必要になります。

 

ちなみに、「dessert(デザート)」はフランス語の「dessert(デゼール)」に由来しています。

意味は、そのままの「デザート」です。

また、ときどき見かける「Dolce(ドルチェ)」の文字。

これはイタリア語で「甘い物」を意味します。

ティラミスはイタリア発祥のドルチェです。

憶えておきたい「desert」と「dessert」

最後に本題とは異なりますが、「desert」と「dessert」のどちらが「(食後に食べる)デザート」の意味でしょう?

  • desert  【dézərt】 砂漠
  • dessert【dizə́ːrt】 (食後に食べる)デザート

です。

見た目の違いは、真ん中にある「s」の数です。

(食後に食べる)デザートの方が、「s」の数が2つで多くなっています。

sweet(甘い)」の「s」が多い方が、(食後に食べる)デザートと憶えましょう。

また、発音記号とアクセントの位置が違うことも確認しておきましょう!