「probably(たぶん)」の確率は?

「たぶん」にも確率がある

なにげなく使う「たぶん」。

英語で言ったら多くの人が「probably(プロバブリー)」や「maybe(メイビー)」を思い浮かべるんじゃないでしょうか?

これらは日本語ではどちらも「たぶん」と訳されることがありますが、そのニュアンスはちょっと違います。

その違いとは、

単語 意味 実現確率
definitely・absolutely 当然・絶対に 100%
probably たぶん 80%
maybe かもしれない 50%
perhaps ひょっとしたら 30%から50%

 

のようなニュアンスで使われます。

そう、実現確率が違うのです。

日本人は「たぶん」を表現するために「maybe」を使いがちですが、50%の確率しかないので気をつけたいです。

 

ちなみに学校などで習う「perhaps(パーハップス)」は、ほとんど聞く機会がないと思います。

ネイティブの人に確認すると、「perhaps」は「丁寧な意味合い」に感じる人もいるそうですが、ほぼ使用することはないそうです。

ただ年代や地域によって異なるので、気にかけてみてください。