ホットケーキは和製英語?

実は和製英語じゃない!ホットケーキ

「Hot cake(ホットケーキ)」を和製英語と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、実は「ホットケーキ」は和製英語ではありません。

「hot cake」を辞書で調べてみると、なんとちゃんと「ホットケーキ」・「パンケーキ」と載っています。

イディオムでも「like hot cake」で「大いに・盛んに」の意味になります。

「go like hot cake」なら、「どんどん売れる」の意味に。

きちんと英語として存在しているのに、なぜ「hot cake(ホットケーキ)」はネイティブの人に通じないことが多いのでしょうか?

それは・・・

 

ネイティブの人は「pancake(パンケーキ)」と呼ぶ

そう、ネイティブの人達は、日本人の言うところの「ホットケーキ」を「pancake(パンケーキ)」と呼びます。

この時の「pan」は「フライパン」の意味です。

「フライパンで焼き上げる」から、パンケーキ。

「パンのようなケーキ」と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、実は違うんです。

 

「hotcake(ホットケーキ)」は使わない方が無難

ただ、英語で存在しているからと言って「hotcake(ホットケーキ)」を使用することはお勧めしません。

僕の周辺にはカナダ人の友達が多いのですが、みんな「ホットケーキ」は和製英語だと思っています。

調べてみると、アメリカの一部では使用されていたり、生地の厚さで「ホットケーキ」と「パンケーキ」を使い分けているような説もありますが、どのみち「ホットケーキ」は一般的ではありません。

英語圏のレストランで朝食を食べる機会があったら、ぜひ「パンケーキ」を注文してみましょう。

たっぷりのバターとメープルシロップ(もどき?)が一緒についてくるはずですっ!

 

みんな大好き「pancake(パンケーキ)」

僕がカナダに住んでいたころ、月に1度はパンケーキを食べていました。

めんどくさい時はパンケーキミックス、時間に余裕があるときは自分で作ったりもしていました。

北米にはたくさんのレシピが存在します。

僕のおすすめは「Martha Stewart」さんの「Bluberry Butter Pancakes」です。

レシピ参照 → 「Martha Stewart:Bluberry Butter Pancakes

ブルーベリーの季節にはぜひ作りたい一品です。

日本ではバターミルクは手に入りにくいので、代用品として牛乳に多少ヨーグルトを混ぜてもおいしく出来上がります。

また、試して欲しいのは「Aunt Jemima」のパンケーキミックスです。

こちらは、僕がカナダにいたときに本当にお世話になったパンケーキミックスです。

アマゾンでも購入できるようなので、興味のある人は試してみてください。