TOEIC Part 5 の攻略法:関係代名詞 ①

  • 2つの文章をつなげる関係代名詞

2つの文章をつなげたい、そんな時に便利なのが関係代名詞です。

たとえば、

  • I know the man.
  • The man is walking in the park.

ここで両方のセンテンスの「the man」が同一人物と認められる場合、

  • I know the man who is walking in the park.

というように、「who」を使って1つの文章にまとめることが出来ます。

この時の「who」を関係代名詞といい、「who」の直前にある「the man」を先行詞といいます。

関係代名詞は、先行詞が何になるかで変わってきます。

一覧を表にまとめたので、確認してください。

先行詞/格 主格
(~は)
所有格
(~の)
目的格(省略可)
(~を、~に)
who whose who
(whom)
人以外(物・動物など) which
that
whose which
that
なんでも that that

※ 目的格の who・which・that は省略することが出来ます。
※ 先行詞が人の場合も「that」を使うことが出来ますが、who・whomを使うのが一般的です。
※ 物が先行詞の場合は「that」を使うのが一般的ですが、「,(カンマ)」や前置詞の後などでは「which」を使います。

  • I like this book.
  • This book is the best seller.

→ I like this book which is the best seller.

「book」は「物」なので「which」で2つの文章をつなげることが出来ます。

 

  • I like this book.
  • Its content is interesting.

→ I like this book whose content is interesting.

「Its」は「this book」のことを指しています。

「Its」は所有格なので「whose」をつかって、2つの文章をつなげることが出来ます。

とりあえずやってみようっ!

関係代名詞は、説明するより慣れた方が楽かもしれません。

なので、とりあえずやってみましょうっ!

2つの文をつなげてみよう

問題1
  1. I know the woman.
  2. She is a famous singer in Canada.

解答

  1. 私は彼女を知っている。
  2. 彼女はカナダで有名な歌手だ。
  • I know that woman who is a famous singer in Canada.
    私は、カナダで有名な歌手である彼女を知っている。

解説

「The woman(その女性)」と「She(彼女)」は、「人」なので「who(~・主格)」で置き換えることができます。

 

問題2
  1. There is your child.
  2. You were looking for your child.

解答

  1. そこにあなたの子供がいます。
  2. あなたは、あなたの子供を探していました。
  • There is your child whom you were looking for.
    そこに、あなたの探していたあなたの子供がいます。

もしくは・・・

  • There is your child, for whom you were looking.
    そこに、あなたの探していたあなたの子供がいます。

解説

「your child」は「人」です。

「You were looking for your child.(あなたの子供探している)」ここでの「your child」は目的格(~)です。

よって「whom」を使って置き換えます。

正解が2つあるとしていますが、

「There is your child, for whom you were looking.」こちらの方がベターです。

 

問題3
  1. The girl is cute.
  2. She is reading a book under the tree.

解答

  1. その女の子はかわいい。
  2. 彼女はその木の下で本を読んでいる。
  • The girl who is reading a book under the tree is cute.
    その木の下で本を読んでいるその女の子はかわいい。

もしくは・・・

  • The cute girl is reading a book under the tree.
    そのかわいい子は、その木の下で本を読んでいる。

解説

「the girl(その女の子)」と「she(彼女)」は「人」なので「who(~・主格)」で置き換えることができます。

語順が変わっていますので、ちょっとむずかしいですね。

 

問題4
  1. I heard those news.
  2. Those news are terrible.

解答

  1. 私はそれらのニュースを知った。
  2. それらのニュースは最悪だ。
  • I heard those news which are terrible.
    私は、最悪のそれらのニュースを知った。

もしくは・・・

  • I heard those terrible news.
    私は、最悪のそれらのニュースを知った。

解説

「those news」は「物」です。よって「which」で置き換えることができます。

 

問題5
  1. My car is old.
  2. My car needs repairing.

解答

  1. 私の車は古い。
  2. 私の車は修理が必要だ。
  • My car which (or that) needs repairing is old.
    修理の必要な私の車は古い。

解説

「my car」は「物」です。よって「which」もしくは「that」で置き換えられます。

語順が変わってちょっとむずかしいですね。

 

2つの文に分けてみよう

問題1
  • I like the man who is good at playing soccer.

解答

訳:私はサッカーの得意なその男性のことが好きだ。

  • I like the man.
    私はその男性が好きだ。
  • He is good at playing soccer.
    彼はサッカーが得意だ。

解説

「the man」は「人」で「男性」です。

「who」は「主格(~は)」なので「he」に置き換えることができるとわかります。

 

問題2
  • There is a factory which produces candies.

解答

訳:そこにはキャンディーを製造している工場がある。

  • There is a factory.
    そこには工場がある。
  • The factory produces candies.(もしくは、It produces candies.)
    その工場はキャンディーを製造している。

解説

「a factory」は「建」で「物」です。

「which」の後ろに動詞(produces)がきていることから「主格(~は)」であることがわかります。

「a factory」と「the factory」の使い分けに気をつけたいです。

「the」は「特定」の何かを意味する「冠詞」です。

次の問題も「a」と「the」の使い分けに気をつけて問題を解いてみてください。

 

問題3
  • There is a cat which is eating a fish.

解答

訳:そこには魚を食べているネコがいる。

  • There is a cat.
    そこにはネコがいる。
  • The cat is eating a fish.
    そのネコは魚を食べている。

解説

「a cat」は「動」で「物」です。

「which」の後に「is(動詞)」がつづいているので「主格(~は)」であるとわかります。

 

問題4
  • I want to visit Toronto which is the biggest city in Canada.

解答

訳:私はカナダ最大の都市のトロントに行きたい。

  • I want to visit Toronto.
    私はトロントに行きたい。
  • Toronto is the biggest city in Canada.
    トロントはカナダ最大の都市だ。

解説

「Toronto」は「都市」で「物」扱いになります。

「which」の後に「is(動詞)」がきているので「主格(~は)」であるとわかります。

 

 

問題5
  • The man who you are looking for is playing baseball.

解答

訳:あなたの探している男性は、今、野球をしている。

  • He is playing baseball.
    彼は野球をしている。
  • You are looking for the man.
    あなたは、その男性を探している。

解説

ここでは「who」が「主格(~は)」か「目的格(~を)」で悩むところです。

「who」の後ろに「動詞」がつづいていないので「主格」ではないとわかります。

よってここでの「who」は目的格です。