MLBの省略文字がわかればもっと楽しい!投手編

MLBは省略文字でいっぱい!

メジャーリーグ(以下MLB)と直接契約をしている人、もしくは英語で解説を聞いている方はきっと気づいているはず。

今後、英語で楽しんでみようと思っている方は、ぜひ、下の図を参考にしてMLBを楽しんでください。

並びはMLBのスタッツ(stats)を参考にしています。

聞き慣れない言葉は、表の下の方で解説していますので、最後まで見ていってください。

 

投手編

省略文字 元の英語 日本語
Team チーム名
W Wins 勝利数
L Losses 敗戦数
ERA Earned Run Average 防御率
G Games 登板数
GS Game Started 先発
SV Saves セーブ数
SVO Save Oppotunity セーブ機会
IP Innings Pitched 投球回数
H Hits 被安打数
R Runs 失点
ER Earned Runs 自責点
HR Home Runs 被ホームラン数
BB Bases on Balls allowed(walk) 与四球・ファーボール
SO Strikeouts 奪三振
AVG H/AB(hits/at bat) ヒットを打たれる確率
WHIP Walks and Hits per Innings Pitched 1イニングにつき許した走者の数
(与四球数+被安打数)/ 投球回数
CG Completed Games 完投数
SHO Shotouts 完封数
HB Hit Batsmen デットボール
IBB Intentional Bases on Balls 敬遠
GF Games Finished 試合終了投手数(先発除く)
HLD Hold ホールド(中継ぎに与えられる)
GIDP Grounded Into Double Plays 併殺打・ダブルプレー数
GO Ground Outs ゴロでのアウト数
AO Air Outs フライアウト数
WP Wild Pitches ワイルドピッチ・暴投数
BK Balks ボーク数
SB Stolen bases allowed 盗塁を許した数
CS Caught Stealings 盗塁を阻止した数
PK Pickoffs 牽制で走者をアウトにした数
TBF The Total number of Batters Faced 対戦打者数
NP Number of Pitches thrown 全投球数

 

補足編

日本のプロ野球では使用されない、聞き慣れない言葉もあったと思いますので補足します。

WHIP

Walks and Hits per Innings Pitched」 の頭文字をとったものです。

これは、1イニングに何人の走者を出したかを示す指標です。

数字が低ければ、1イニングで背負う走者の数が少ないということになります。

平均値は1.3から1.4くらい(つまり1イニングで1.3人ほどのランナーを出す)で、この数字より低いと良い投手、高いと悪い投手ということになります。

2017年の平均値が1.342、ニューヨークヤンキースの田中将大投手のWHIPは1.24なので、田中選手は良い選手ということになります。

ただ、万能な数字というわけでもなくて・・・

  • 長打・ホームランも、単打・四球と同様にカウントされる
  • デッドボールや振り逃げはふくまない

など問題もあり、必ずしもその投手を端的に示す数字にはなっていません。

実際、田中投手はWHIPの数字が低いものの、被本塁打は35本でワースト3位になっています。

2017年時点ではMLBの公式記録となっていますが、参考程度にされています。

HB

Hit Batsmen 」の頭文字をとったもので「デッドボール」の意味です。

「デッドボール」は実は和製英語だったりします。

英語では「hit by a pitch」といいます。

SO

Strackouts」の短縮で、「奪三振」を意味します。

しかし、日本でもアメリカでも時に「K」と表記されます。

この「K」の意味の語源、実は不明なんです。

  • 「Knockout」の頭文字「K」をとった
  • 「Strackouts」の「K」が耳に付くから
  • 「K」が三画でかけるから

などの説があるようです。

 

まとめ

MLBチャンネルでは画面にたくさんの指標が表示され、日本の野球中継の画面がすっきりしすぎていて違和感を感じるくらいです。

また、巨額のお金が動くMLBでは、様々な指標を使って選手を査定します。

今後も、こんな指標が増えていくのかもしれないですね。

 

その他