MLBの省略文字がわかればもっと楽しい!野手編

MLBは省略文字でいっぱい!

メジャーリーグ(以下MLB)と直接契約をしている人、もしくは英語で解説を聞いている方はきっと気づいているはず。

今後、英語で楽しんでみようと思っている方は、ぜひ、下の図を参考にしてMLBを楽しんでください。

並びはMLBのスタッツ(stats)を参考にしています。

聞き慣れない言葉は、表の下の方で解説していますので、最後まで見ていってください。

 

野手編

省略文字 元の英語 日本語
Team チーム
Pos Position ポジション
G Games 出場試合数
GS Games Started 先発出場数
INN Innings 守備イニング数
TC Total Chances 守備機会
PO Putouts 刺殺
A Assists 捕殺
E Errors 失策
DP Double Plays 併殺・ダブルプレイ
SB Stolen Bases 許した盗塁数
キャッチャーに記録されます
CS Caught Stealing 盗塁阻止数
キャッチャーに記録されます
SBPCT Stolen Base Percentage 盗塁阻止率
キャッチャーに記録されます
PB Passed Balls 捕逸
キャッチャーに記録されます
C_WP  Wild Pitches while Catching 暴投数
FPCT Feilding Percentage 守備率
RF Range Factors アウト寄与率

 

補足

守備機会

「刺殺 + 捕殺 + 失策」の合計です。

守備にかかわった回数がわかります。

守備率

守備率は、

(刺殺 + 捕殺)÷(刺殺 + 捕殺 + 失策)

で求められる数字で、選手が失策(エラー)をした確率を示しています。

守備率が高いほど、失策(エラー)をしない選手ということになります。

ただ、問題点もあって・・・

  • 積極的なプレーがエラーにつながり、失策となるケース
  • 打球の強い・弱いが勘案されない
  • 審判の主観によってエラーかどうかが決まる

などの問題もあり、必ずしも野手として素晴らしいかどうかを示す数字にはなっていないことです。

アウト寄与率

アウト寄与率は、

(刺殺 + 捕殺)÷ 守備イニング数

で求められる数字で、野手がどれだけアウトを重ねることができたかを示す数字です。

守備範囲が広く、守備が上手い選手ほど数字が高くなります。

同じポジションの選手同士をはかるのに適した指標です。

問題点としては、守備イニング数によって数字がばらけやすいと言うことです。

その他

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA