アメリカのショートケーキは「さくさく」

日本人なら多くの人が大好きなショートケーキ。

生地のあの「ふわふわ」食感がたまらないですね。

ちなみに日本においてのショートケーキは、北米では「Layer cake(レイヤーケーキ)」と呼ばれる種類に分類されます。

 

ショートケーキの「ショート」は「さくさく」の意味!

ショートケーキの英語表記は「Shortcake」です。

学校で習った英語では「ショート(Short)」は「短い」の意味ですが、この他に「さくさく」という意味があります。

あれ?でもショートケーキは「ふわふわ」で「さくさく」じゃないじゃん!?

これは、もとになったアメリカの「ショートケーキ」が関係しているのです。

 

北米のショートケーキは「さくさく」!

ショートケーキ 雑学 トリビア左の写真が、アメリカのショートケーキです。

ビスケットの間にクリームやイチゴを挟んでいます。

よって食感が「さくさく」!

参考にしたサイトはこちら→ChefIn You

日本人は「ふわふわ」好き。

なので日本人向けにビスケットからスポンジに変化したんだって。

ちなみに上記もしましたが、ショートケーキは英語にすると「レイヤーケーキ(Layer cake)」といいます。

「Layer」とは「層」の意味。

ケーキが層を作っていることからこう呼ばれるそうです。

 

個人的に大好きなケーキ屋さんは東京・エーグル・ドゥース

元パティシエのぼく的におすすめなのが、東京・目白のケーキ屋さん「エーグル・ドゥース」。

結構食べ歩いたけど、ここがいちばんおいしい。

ショートケーキももちろんおいしいけれど、その他のケーキも絶品!

ただ、ちょっと好みが別れる感じもするので、食べログの意見を参考にしてください。

近くに行ったら寄ってみよう!

こちらをクリック → 食べログ

 

ちなみにその他にも語源とされる説がある

実はショートケーキの語源については、「さくさく」説の他にもいくつかあります。

  • イギリスのショートブレットにイチゴとクリームをはさんだ説
  • 短時間で作れるから説
  • 短時間で悪くなって、日持ちしないから説

などがあります。

ちなみにフランスでは日本式のショートケーキが市民権を得始めているそうです。

もしかしたら、北米でも日本式のショートケーキが流行る日が来るかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA