「トイレ」を英語でなんていうの?

「トイレ」にはいろいろな言い方がある

カナダの友人に対して「トイレに行きたい」と言ったら、「トイレなんて滅多に英語で言わないよ」って言われました。

でも、海外でも「Toilet(トイレ)」のサインはよく見かけるんですよね。

実際カナダでも「Toilet」のサインを目にすることがあります。

では、なぜその友人はそんな事を言ったのでしょう?

それは、「トイレ」の表現方法は国や地域で使い方が微妙に違ったりするからなんです。

 

たとえばこんな感じ・・・

ざっくりというと

  • イギリス toilet・WC・bathroom
  • アメリカ bathroom・restroom
  • カナダ  bathroom・washroom

みたいな感じになります。

日本人的に「bathroom(バスルーム)」と言えば「お風呂場」を連想しますが、アメリカやカナダではトイレとバスタブが一緒になっているのは普通のことです。

よって、「トイレ=バスルーム」になったりします。

一方で、公共のトイレのことは「restrooom(レストルーム)」や「washroom(ウォッシュルーム)」と呼ぶイメージがあります。

 

でも、いちいち区別しないといけないの?

ここからは僕の個人的な経験と感想をもとに書きますので、あくまで僕個人の感想です。

僕がカナダに住んでいたときは、公共のトイレも家のトイレも区別なく「bathroom(バスルーム)」と呼んでいました。

そして、特になんの問題もありませんでした。

要は「何をしたいのか?」ということが相手に伝わればいいので、「この場面ではrestroom、あの場面ではtoilet」なんて考えることなんてしませんでした。

だって、めんどくさいじゃないですか?

そんないい加減なところがダメなんでしょうけど・・・。

ただ、ヨーロッパ系の人達と話すときは逆に「toilet(トイレ)」の方が伝わりやすく「bathroom(バスルーム)」というと「?」見たいな顔をされることがあったので、ネイティブ以外の人と話すときだけは「toilet(トイレ)」と「bathroom(バスルーム)」の使い分けをしていました。

よって、人によっては「この言い方が正解!」「この英語が正しい!」みたいなことを言う人もいますが、それは国や地域・時代・伝える人の年齢によっても変わってきます。

相手に「何をしたいのか?」を伝えることを優先し、そこに長く滞在するならどういう表現を使うのかを観察してその地域にあった英語を模索するようにしましょうっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA