「カラオケ」の英語的発音は「仮置き」?

世界に普及した「カラオケ」

みんな大好き日本発祥の「カラオケ」。

そんな「カラオケ」は、今や世界中で愛されています。

でもちょっと待って!

本当に「カラオケ」って言って通じるのでしょうか?

英語発音では「カリオキ」

英語での発音記号は「kæ̀rəóuki」となり、「カリオウキ」と発音します。

僕の周辺ではみんな「カリキ」と発音していました。

「カラオケ」の英語的発音を知らなかったときは「カ・リ・オ・キ 。う~ん・・・仮置き?」と混乱したのを覚えています(笑)。

発音は場所や時代で変わることがあるので、臨機応変に対応してくださいね。

ところでこの記事を書いているのは2018年ですが、この時点で日本式の「カラオケボックス」は北米ではあまり普及していません。

全くないというわけではないのですが、僕が住んでいた地域では麻薬の売買など犯罪の温床になるということで設置があまり進んでいませんでした。

また日本と違い個室ではないバー(飲み屋)にカラオケが設置されていて、知らない人達の真ん前で歌を歌わなければならないというなんとも度胸を試されるイベント。

しかも、防音がしっかりとされていないので、近所迷惑はなはだしいという・・・。

もし、そんな環境に飛び込む自信がある方はぜひチャレンジしてみてください!

ちなみに・・・

「カラオケ」のちょっとした雑学

「カラオケ」の「カラ」は「空」、「オケ」は「オーケストラ」の「オケ」なんだそうです。

つまり「生演奏ではなく」レコードやテープで代用する、という放送業界で用いられていた言葉なんだそうです。

ちなみに日本での長期ランキング1位は、ゴールデンボンバー「女々しくて」の51週連続1位なんだって。

今日、早速カラオケに出かけてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA