「バイキング」と「パイレーツ」の違いってなに?

どっちも日本語では「海賊」だけど・・・

そう「パイレーツ」も「バイキング」も、どちらも「海賊」なんですよね、日本語だと。

でも「Pirate(パイレート)」と「Viking(バイキング)」には意味・ニュアンスに違いがあります。

では、どんな違いがあるんでしょう?

 

「パイレーツ」は「海賊」の総称

実は「pirates(複数形)」は「海賊」の総称になります。

現代でもタンカーなどを狙った略奪がソマリア付近で起ったりしますが、それも「pirates(パイレーツ)」。

言うまでもなく「Pirates of Caribbean(パイレーツ・オブ・カリビアン)」は「カリブ海地域の海賊」のことです。

 

では「バイキング」の意味とは・・・

「バイキング」とは8世紀から11世紀にかけて、スカンジナビア半島やデンマークを本拠地として海上からヨーロッパ各地を侵攻した「北方ゲルマン人」のことを指し、特定の「海賊」のことを意味しています。

つまり、「Viking(バイキング)」は「Pirates(パイレーツ・海賊)」の一種ということなんです。

ちなみに、寒い地域を拠点としていたため、食糧確保などのために略奪行為を行っていたなどとするする説もあるようですが、真相は今日の時点でははっきりとはしていないようです(2018年)。

 

まとめると・・・

  • 「Pirates(パイレーツ)」⇒ 「海賊」の総称
  • 「Viking(バイキング)」 ⇒ 北欧の「海賊」のこと

なんです。

 

ちなみに・・・

北米大陸を最初に発見したのはかの有名な「コロンブス」とされていますが、実際は「レイフ・エリクソン」なる人物とアイスランド・グリーンランドのバイキング達が初めて北米大陸を発見したとされています。

しかも、コロンブスよりさかのぼること500年も前にっ!

その証拠の一つがカナダの東部・ニューファンドランド島の「ランス・オ・メドー」という遺跡に見ることができます。

バイキングの航海技術ってすごかったんですね。

にしても、なんか学校ですごい嘘を教えられているかん半端ない(笑)。

しかも、ニューファンドランド島とバイキングのつながりをカナダ人の友人に話すと、ニューフォンドランド島では言葉のなまりもひどく顔立ちも北欧系に見えるそうで、「そんなもん研究するまでもないだろ。見りゃわかるじゃん!ニューファンドランド島の人達はバイキングの末裔だよ!」なんて解答が帰ってくることもあります。

ほんとかよ(笑)?

近くに歴史好きのカナダ人がいたらきいてみてください。

 

そういえば「食べ放題」の「バイキング」の由来って?

最近では日本でも定着し始めた食べ放題を意味する「Buffet(ビュッフェ)」。

長く「バイキング」が使われていましたが、海外では通じないのが和製英語の醍醐味ですね。

なぜ「海賊」を意味する「Viking(バイキング」が日本で使われるようになったかというと、1958年までさかのぼることになります。

帝国ホテルが始めたサービスが起源となっていて、当時話題になっていた映画「バイキング」で海賊がテーブルいっぱいに食べ物を並べたシーンが命名の由来なんだそうです。

このシステムを導入した帝国ホテルと料理長ってすごい革命的ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA