みんな大好き?「おっぱい」を英語で!

「おっぱい」を英語で言ってみようっ!

みんな大好き?

逆に嫌いな人っているのか??

今日の話題は魅惑の「おっぱい」。

なにげにテレビや日常会話でも使われたりするんですよね。

 

カジュアルに使うならこの表現。「boobs」と「tits」

ちょっと失礼な表現になるかもしれませんが・・・

  • boobs(ブーブス)
  • tits(ティッツ)

は日常でよく使われる表現です。

「おっぱい」は普通2つありますので、「boobs」「tits」のように複数形になります。

とくに著者の周辺男子でよく使われていたのは、圧倒的に「boobs」です。

She has big boobs.(彼女って巨乳だぜっ!)

みたいな感じでよく使われていました。

 

フォーマルに使うなら「breasts」と「chest」

上記では、男子間でよく使われる表現を紹介しましたが、ここでは女性間でよく使われる、無難な表現を紹介します。

フォーマルに使うなら・・・

  • breasts(ブレスツ)
  • chest(チェスト)

がいいと思います。

著者の周辺では圧倒的に「breasts」が使用されていたように感じます。

「性」に関する表現は誤解も生みやすいの気をつけたいですね。

 

ところで、「母乳」ってなんていうの?

赤ちゃん大好きっ「母乳」。

母乳は英語で・・・

  • breast milk(ブレスト ミルク)

と表現し、

そして、母乳で育てることを・・・

  • breast feeding(ブレスト フィーディング)

と表現します。

 

まとめ

洋の東西を問わず、人ってどこでも下世話なものだったりします。

様々な場面で耳にすることがあると思うので、知識として持っていて損することはないと思います。

とは言っても、「性」に関する表現は結構デリケートだったりもします。

使用するときは十分に気をつけて使用しましょうっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA